いまの子どもたちの教育に本当に必要なものはなんだろうか

いま、子どもたちに本当に必要な教育は、一体何なのでしょうか。

過去には詰め込み型の教育への批判があり、その後のゆとり教育に対しての批判も起きました。

自由な発想を邪魔する教育が問題視される一方で、新たな発想や着眼点は基礎的な知識に基づいてこそとの意見もあったりします。

こうした、ああでもないこうでもないという教育論とは、高度化した社会が必ず通過するポイントなのかもしれません。

個人的な考えですが、近現代の日本の発展というのは、国民の識字率の向上が大きな支えとなっていたと思います。

ただ、現在のように、ほぼ100%に近い識字率を持つ場合、子どもたちに教えるべき内容というのはどんなものなのでしょうか。

数学や国語、科学や歴史、それだけではなく、道徳や倫理、哲学的な思考…

多くを知れば、より豊かな世界に生きることができるのは間違えないのですが、どれも大切なことのように思えてしまいます。

何をすればいいというのではなく、何ができるようにするための教育なのか、今一度しっかりと考えてみたいところです。ベルタ葉酸サプリ 薬局