夜中からずっと食べたくて仕方なかった雑煮を食べた

今私はお雑煮を食べました。
本当は昨日の夜中に食べたかったのですが、餅が何処にあるのか探しても分からず結局夜中に雑煮を食べることが出来ませんでした。
夜中は親も寝ているので雑煮の場所を聞くにも聞くことが出来ませんでした。
今日起きるとラインが母から来ていたのですが、餅の置いてある場所が書いてありました。
けどちゃっかりテーブルの上に餅を出しておいてくれていました。
母は私の為に食事を作って会社に行きましたが、母には申し訳ないけど私は夜中から雑煮が食べたかったので雑煮を食べることにしました。
これが凄く旨かったです。
やっぱり食べたいと思っている時に食べる雑煮は最高ですね。
餅は焼かずにそのまま鍋に投入しました。
凄くおいしかったのですが、一つ不満だったのはよく伸びる餅だったことくらいですかね。
よく伸びる餅程喉に詰まりやすいとか言うので喉につまらないようにと気を付けながら食べるようにしました。
そしてやっぱり餅の食べ方では雑煮が一番おいしいと改めて実感することが出来ました。