自動運転車で得られる自由時間は生産性向上に役立つ

プライベートでも仕事でも自動車を運転しての移動が多いのですが、同乗者のおしゃべりや日常・仕事上の考え事などで運転が注意散漫になりヒヤッとしたことがあります。また歳を重ねるごとに視力や反射神経などの身体的な変化でニアミスや長時間の運転が苦になったりすることが増えてきました。自分自身が原因でのこういったヒヤリもありますが、最近は運転中にスマホで通話をしたり画面をチラ見しながらの運転や、ネット社会で何でも直ぐに結論がでる環境に慣れたせいか短気で自己中心的な運転をするドライバーが増えたように感じます。原因が相手にあったとしても、まして自分が原因での事故は本当に嫌ですよね。それと最近の車はどれも良くできていて粗削りな所が無く逆にドライブを楽しめない。そんなことも有って近頃良く耳にする運転アシスト機能にすごく興味をそそられます。というかむしろ完全に運転から解放してくれる自動運転車の普及を心待ちにするようになりました。これならお年寄りの運転ミスによる歩行者への突っ込み事故なども無くなり、運転という作業以外のもっと創造性のある作業に集中できますよね。キレイモ 9500

けち臭くても、もらえるものはなんでももらいます。

職場で業者のおじさん、おばさんがよく飴をくれます。
正直甘いものは食べないので飴はもらっても全然うれしくないのですが、ニコニコしてもらっちゃいます。
せっかくくれるっていうのに要りませんは失礼かな?と思いつつ、もらうのですが結局食べないので家の冷蔵庫の開きの1番上のスペースに
取り敢えず貯めてます。私は飴を食べるのは1年に1回ぐらいです。
食品関係の仕事ですので過剰に作られた商品や間違えたもの、品物に問題はなくても店頭に出せないものは、廃棄処分されます。
そんなものは、どんどんもらう性格です。もやしや豆腐といった、日持ちがしない商品はよく廃棄されてしまいますので、
飽きない程度に持って帰ります。
おかげさまで、家計も少しだけですが、助かってると思います。
豆腐レシピも豊富になり、普通にみそ汁や冷ややっこで食べたり、ケーキに使ったりとカロリーを気にする嫁さんにも嬉しい限りです。
タダでもらえるのですから、もう最高です。